TER鉄道交通研究所

鉄道を中心に交通機関に関する様々な考察をしていきます。YouTubeでは駅名記憶向上委員会の関連動画をupしています。ぜひご覧くださいhttps://www.youtube.com/channel/UCfRh5GcpH0V1fUf2paQPu1g。

本線・新幹線禁止の日本縦断

東海道本線山陽本線など、主要な在来線の多くは「本線」が路線名に入っています。そこで、「本線」を使わずに日本縦断できるのか、ルートを調べてみることにしました。*1もちろん、新幹線や飛行機、高速バス、長距離フェリーを使えば簡単なので、これらの使用は禁止です。スタート地点は本線以外で日本最北端の駅である旭川駅(富良野線)、ゴール地点は本土最南端の駅である西大山駅(指宿枕崎線)とします。ルールを整理すると以下のようになります。列車やバスが多い平日ダイヤで進めたかったのですが、5日以上かかるので月曜日スタートとして6,7日目は休日ダイヤとしております。

 

  • 旭川駅から西大山駅まで、「本線」「新幹線」とつく鉄道路線に乗らずに行く。
  • 鉄道以外に利用できる交通手段は徒歩、高速道路を経由しない路線バス、100km以内のフェリーとする。

 

1日目(月曜日)
7:40 旭川駅
↓JR富良野線 \1290
9:01 富良野駅
9:25 富良野駅前バス停
占冠村営バス富良野線 \870
10:35 占冠駅前バス停 
12:29 占冠
↓JR石勝線・千歳線特急 \2420+\1830
13:54 新札幌駅
14:01 新さっぽろ駅
↓札幌市営東西線 \380
14:36 宮の沢駅
14:55 地下鉄宮の沢駅前バス停
JR北海道バス宮59系統 \210
15:15 手稲駅南口バス停
16:10 
JR北海道バス手65系統 \590
17:02 小樽駅バス停
17:55 小樽駅前バス停
ニセコバス小樽線 \1340
19:23 倶知安駅前バス停

 

旭川からは乗れる鉄道が富良野線しかないので、富良野線に乗っていきます。そもそも、北海道には乗れるJR線が富良野線・石勝線・千歳線札沼線しかありません。終点富良野から石勝線方面に抜けられないかと思ったら、占冠行きのバスがあったのでそれに乗ります。占冠からは特急で一気に札幌市内へ。札幌駅まで行くと函館本線となり乗れないので、新札幌で地下鉄に乗り換えます。宮の沢から先はひたすらバスで函館を目指します。

 

2日目(火曜日)
8:55 倶知安駅前バス停
ニセコバス小沢線 \780
9:39 岩内ターミナルバス停
9:52
ニセコバス雷電線 \1450
11:00 寿都ターミナルバス停

 

なんと2日目はこれで終わりです。道央から函館に路線バスだけで行こうとすると、どうしても寿都長万部のバスに乗る必要があるらしいのですが、これが1日1本、しかも午前中だけなのです。よって、この日は11時で終了。1日目に特急を南千歳で降りて太平洋沿いに進まないのかと思った方もいるかもしれませんが、結局寿都に出ないといけないため札幌経由としました。

 

3日目(水曜日)
10:10 寿都ターミナルバス停
ニセコバス長万部線 \1330
11:12 長万部駅前バス停
11:57
函館バス310系統 \1900
14:51 ガス会社前バス停
15:16
函館バス18系統 \240
15:25 北大前バス停
↓徒歩(550m)
15:32 函館港
16:30
津軽海峡フェリー \2970
18:00 大間港

 

なんと、長万部から函館まで100km以上あるにも関わらず路線バス1本で繋がっています。北海道は何でもスケールが大きいですね。北海道~青森のフェリーで100km以内なのは函館~大間のみなので、大間港行のフェリーに乗ります。

 

4日目(木曜日)
9:42 フェリー乗場前バス停
下北交通佐井線 \2090
11:35 下北駅前バス停
11:52 下北駅
↓JR大湊線快速 \1170
12:39 野辺地駅
12:45
青い森鉄道 \1360
13:31 八戸駅
14:25
↓JR八戸線 \1340
16:07 久慈駅
16:14
三陸鉄道リアス線 \3780
17:45 宮古駅
17:51
三陸鉄道リアス線
19:14 釜石駅
19:45
三陸鉄道リアス線
20:32 盛駅

 

大間には鉄道がないので、バスで2時間近くかけて下北へ移動。東北地方は太平洋沿いに進めば「本線」がないので楽に移動できます。

 

5日目(金曜日)
5:21 盛駅
↓JR大船渡線BRT快速 \3400
6:38 気仙沼駅
7:30
↓JR気仙沼線BRT
9:21 柳津駅
9:39
↓JR気仙沼線
9:59 前谷地駅
11:53
↓JR石巻線
12:12 石巻駅
12:46
↓JR仙石線
14:12 あおば通駅
14:20 仙台駅
仙台市南北線 \250
14:28 長町駅
14:50 長町駅・たいはっくる前バス停
仙台市営バス10系統 \200
15:05 南仙台駅東口バス停
15:30 南仙台駅西口バス停
↓なとりん号高舘線 \400
15:57 名取駅西口バス停
16:04 名取駅
仙台空港アクセス線 \419
16:17 仙台空港駅
17:04 仙台空港バス停
↓仙台バス臨空循環バス \300
17:28 岩沼駅東口バス停
18:19 岩沼駅
↓JR常磐線特急 \6050+\2550
21:55 土浦駅
22:02
↓JR常磐線
23:05 北千住駅

 

三陸海岸沿いに石巻に出ればあとは仙石線常磐線で東京まで行けるように見えますが、常磐線の仙台~岩沼は正式には東北本線なので乗れません。地味にこの区間20km近くあるんですよね...。ここは私鉄や路線バスを細かく乗り継ぐしかありません。名取から先はなとりん号館腰植松線を使えば岩沼駅近くのバス停まで1本なのですが、時間が合わなかったため遠回りの仙台空港経由としました。仙台空港→岩沼のバスは朝夕しかないので日中はなとりん号一択となります。岩沼からは常磐線で一気に都内へ。岩沼って特急止まるんですね。上野まで乗ってしまうと日暮里から先が東北本線なので、土浦で普通列車に乗り換えます。

 

6日目(土曜日)

6:44 北千住駅
東京メトロ千代田線 \242
7:19 代々木上原駅
7:26
小田急小田原線快速急行 \733
7:55 相模大野駅
7:56
小田急小田原線急行
8:37 新松田駅
8:47 松田駅
↓JR御殿場線 \860
9:23 御殿場駅
9:29
↓JR御殿場線
9:54 下土狩
↓徒歩(1.5km)
10:13 三島駅バス停
10:15 
東海バス特急2系統 \1830
11:32 土肥港
12:00
駿河湾フェリー \2300
13:15 清水港
13:25 フェリーのりばバス停
↓連絡バス \0
13:33 清水区役所バス停
13:44 新清水駅
↓静岡鉄道静岡清水線 \330
14:05 新静岡駅
14:15 新静岡バス停
しずてつジャストライン中部国道A線 \610
15:34 藤枝駅前バス停
16:00 藤枝駅南口バス停
しずてつジャストライン藤枝相良線 \940
16:58 相良本通バス停
17:10
御前崎市自主運行バス相良浜岡線 \560
17:37 浜岡営業所バス停
18:11
しずてつジャストライン掛川大東浜岡線 \950
19:03 掛川駅前バス停
19:38 掛川駅
天竜浜名湖鉄道 \1470
21:43 新所原駅

 

愛知方面に抜ける方法として、鉄道以外を最低限にするなら常磐線を友部で降りて水戸線両毛線上越線飯山線しなの鉄道えちごトキめき鉄道大糸線篠ノ井線塩尻、路線バスを乗り継ぎ*2辰野、そこから飯田線豊橋というルートがあります。上越線渋川駅から吾妻線万座・鹿沢口、バスで軽井沢、しなの鉄道篠ノ井と行けばショートカットになりますが、実はそれよりも静岡県を横断した方が早いのです。東京~名古屋をJRを使わず私鉄とローカル路線バスで移動するルートは検索すればいくつか出てくるので参考にさせていただきました。御殿場線が使えるか否かの違いですね。御殿場線駿河湾フェリー天浜線を使うとバス乗継の区間が静岡~掛川のみになるので案外早いようです。

 

7日目(日曜日)

6:39 新所原駅
↓徒歩(2.9km)
7:16 シンフォニアテクノロジーバス停
7:16
豊鉄バス二川線 \530
7:55 豊橋駅前バス停
8:11 新豊橋駅
豊橋鉄道渥美線 \520
8:50 三河田原駅
9:00 田原駅前バス停
豊鉄バス伊良湖本線 \1070
9:51 伊良湖岬バス停
10:40 伊良湖
伊勢湾フェリー \1600
11:35 鳥羽港
11:52 中之郷駅
近鉄志摩線 \2100
11:54 鳥羽駅
12:35
近鉄鳥羽線・山田線・大阪線特急 +\1640
14:26 鶴橋駅
14:30
↓JR大阪環状線 \1100
14:36 天王寺駅
14:40
JR阪和線紀州路快速
15:52 和歌山駅
18:32 JR和歌山駅バス停
和歌山バス161系統 \250
18:46 和歌山港駅バス停
19:15 和歌山港
南海フェリー \2200
21:25 徳島港
21:30 南海フェリー前バス停
徳島市営バス南海フェリー線 \210
21:51 徳島駅前バス停
22:02 徳島駅
↓JR高徳線特急 \5000+\1200
23:20 高松駅

 

静岡・愛知の県境区間はバスがないため、新所原駅からは豊鉄バスのある場所まで歩くしかありません。新城の方まで北上して乗り継ぐルートもあるようですが、かなり遠回りのようです。豊橋から先、東海道本線名鉄名古屋本線も乗れないので、渥美半島を南下してフェリーで三重県に出ます。(豊鉄バス伊良湖本線は目をつぶってください。対象は鉄道路線名だけなので...)三重まで来れれば近鉄で一気に大阪です。近鉄は幹線でも「本線」を名乗らないのでスムーズに行けます。大阪から先は四国に渡りたいので和歌山へ。和歌山港へは南海で行くのが一般的ですが、南海本線は乗れないので阪和線+バスで行きます。徳島からは高徳線特急で高松へ。

ちなみに豊橋から先を陸路で進む場合、飯田線名鉄豊川線国府駅までは鉄道で行けます。国府駅周辺は豊川市コミュニティバスのエリアですが、蒲郡や岡崎を走る名鉄バスのエリアとの間に路線バス空白地帯があり、最低でも4km近い徒歩区間が生じます。岡崎に出られれば愛環→名鉄豊田線→地下鉄で名古屋に行けます。

 

8日目(月曜日)

6:00 高松駅
↓JR予讃線特急 +\2200
8:36 松山駅
8:42 JR松山駅前駅
伊予鉄大手町線 \180
8:44 大手町駅
8:47
伊予鉄高浜線 \300
8:58 三津駅
9:40 三津浜港
周防大島松山フェリー \3900
12:15 柳井港
↓徒歩(1.7km)
12:38 大屋東バス停
13:26
防長バス柳井駅前-大屋東 \170
13:35 柳井駅前バス停
13:45
防長バス徳山駅前-柳井駅前 \890
15:12 徳山駅前バス停
16:35
防長バス150系統 \650
17:39 防府駅前バス停
18:30
防長バス防府駅前-新山口駅 \480
19:06 新山口駅バス停
20:02 新山口駅
↓JR宇部線 \510
20:51 宇部新川駅
21:04 宇部新川駅バス停
サンデン交通国道線 \460
21:41 小野田駅バス停

 

昨日四国に渡りたかった理由はJR四国に「本線」がないからです。そんな四国を一気に進みたいところですが、どうやって九州に渡るかが問題です。九州は大分県にフェリーで行けるのですが、なんと大分県には乗れる鉄道路線が実質ありません。*3そこで、山口県柳井港に出ることにしました。山口県内は防長バス山陽本線沿いに走っていて助かります。宇部新川~小野田はJR小野田線利用を考えていましたが、バスの方が便利そうなのでバス利用。

ちなみに四国に渡らない場合、鶴橋から大阪環状線JR東西線福知山線神鉄北条鉄道→バス(北条町~姫路)→姫新線芸備線で広島までは行けます。広島~西広島広電本線山陽本線とも乗れないもののバスが多く、西広島~宮島口は広電宮島線が使えるのですが、そこから先岩徳線に乗れる岩国まではバスが少ない区間があります。鉄道が利用できる区間でも普通列車が中心になってしまい、時間がかかるため四国経由の方が1日程度早く行けます。

 

9日目(火曜日)

6:01 小野田駅バス停
サンデン交通20系統 \1080
7:12 御裳川バス停
↓徒歩(950m)
7:25 関門トンネル人道口バス停
7:37
西鉄バス74系統 \410
8:29 小倉駅入口バス停
8:46 小倉駅
北九州モノレール \320
9:05 企救丘駅
9:41 志井公園駅
↓JR日田彦山線 \860
10:16 田川後藤寺
10:19
↓JR後藤寺線
10:40 新飯塚駅
10:45 新飯塚駅バス停
西鉄バス23系統 \170
10:50 飯塚バスターミナルバス停
12:09
西鉄バス27系統 \350
12:34 桂川駅バス停
12:43 桂川駅
↓JR福北ゆたか線快速 \570
13:13 吉塚駅
↓徒歩(450m)
13:19 馬出九大病院前駅
13:31
↓福岡市営箱崎線 \210
13:38 天神駅
14:00 西鉄福岡駅
西鉄天神大牟田線急行 \1040
15:13 大牟田駅
15:19 大牟田駅前バス停
西鉄バス4系統 \280
15:40 荒尾駅前バス停
15:55
九州産交バス八3系統 \210
16:02 本村バス停
16:24
九州産交バス玉1系統 \520
16:55 玉名駅前バス停
18:00
九州産交バス玉名駅前-寺尾病院前 \660
18:41 寺尾病院前バス停
18:48
九州産交バスA4-1系統 \490
19:24 桜町バスターミナルバス停
20:10
九州産交バスR1-5系統 \660
21:01 松橋産交バス

 

関門海峡を渡る路線バスはなさそうなので徒歩で九州入り。とはいえ1km弱で済みました。福岡県は鉄道網が比較的発達しており、本線が途切れる区間でも西鉄バスの路線網が発達しているので楽です。小倉から直接日田彦山線に乗らずモノレールに乗るのは、もちろん城野までの日豊本線区間を回避するためです。吉塚~博多も地下鉄利用で回避。仙台~岩沼や日暮里~上野など、都心部の本線乗り入れ区間を地下鉄で回避するのはこの旅あるあるですね。大牟田から先はフェリーを島原で乗り継いで熊本へ行くことを考えたのですが、三池港(大牟田)からのフェリーが1日2本しかないこと、熊本県内は九州産交バスの路線網が充実していることからバス乗継にしました。

 

10日目(水曜日)

7:00 松橋産交バス
九州産交バス松橋産交-八代産交 \790
7:50 八代駅前バス停
7:58 八代駅
肥薩おれんじ鉄道 \2670
10:22 川内駅
12:11 川内駅バス停
鹿児島交通川内営業所-鹿児島駅 \1020
13:51 加治屋町バス停
13:54
鹿児島交通鹿児島駅-皇徳寺郵便局前 \160
13:56 鹿児島中央駅前バス停
16:02 鹿児島中央駅
↓JR指宿枕崎線 \1310
17:32 西大山駅

 

バス乗継で八代まで来れれば肥薩おれんじ鉄道で川内に行けます。川内からはなんと鹿児島駅まで路線バス1本で行けるのです!ただ、指宿枕崎線鹿児島中央駅が起点なので加治屋町バス停で乗り換え。加治屋町からは市電でも行けますし、徒歩でも行ける距離です。指宿枕崎線に乗れば1時間半でゴールの西大山駅に到着!10日に渡った旅もおしまいです。

八代からはJR肥薩線経由も考えましたが、肥薩線は現在災害で一部区間が運休中。肥薩線の終点、隼人駅から鹿児島中央駅は路線バスで1本なので、復旧したらこちらのルートも良さそうです。

 

ちなみに総費用は92674円。新幹線と特急で目指した場合、乗継駅などにより若干変わりますが5~6万円程度なので、約6割増となります。新幹線と特急なら24時間以内に行くことも可能なので所要時間は約10倍ですね。

*1:実際の旅行はしていないので悪しからず。このルートを真似して旅行するのは大歓迎です!

*2:ちなみにこのルートを選んだ場合、塩尻~小野のバスが1日2本しかありません。小野~信濃川島に至っては午前中に1日1本、塩尻発のバスから乗り継げず小野駅付近に宿がないため実質利用不可。信濃川島駅付近まで歩けば辰野まである程度バスがあります。

*3:一応JR日田彦山線があるが、大分県内の区間は現在災害で運休中。厳密にはケーブルカーとロープウェイはあるが、普通鉄道は日豊本線久大本線豊肥本線のみ。

気動車が走るJR線リスト

気動車だけで乗り継げる最長片道切符を考えるにあたって、気動車が走るJR線をリストアップしないといけません。Wikipediaに電化路線のリストはありますが非電化路線のリストはありませんし、蓄電池式電車や電化区間に乗り入れる気動車も考えると全路線を調べる必要があります。せっかくなのでリストもここに載せることにしました。手作業なのとWikipediaを参考にしているので所々間違っている可能性はあります。ご了承ください。2022年3月時点のデータです。

 

JR北海道

函館本線根室本線千歳線本線、室蘭本線、石勝線、富良野線留萌本線、宗谷本線、釧網本線石北本線日高本線

札沼線千歳線支線、海峡線を除く在来線全線)

 

JR東日本

東北本線(仙台~小牛田,花巻~盛岡)、仙石東北ライン、上越線(越後川口~長岡)、信越本線(新津~新潟)、羽越本線(新津~酒田)、白新線磐越西線(会津若松~新津)、奥羽本線(新庄~真室川,弘前~青森)、八高線(高麗川~高崎)、水郡線鹿島線(鹿島神宮鹿島サッカースタジアム)、久留里線小海線飯山線米坂線只見線磐越東線石巻線気仙沼線大船渡線陸羽東線陸羽西線北上線釜石線、山田線、花輪線八戸線大湊線津軽線左沢線五能線

 

JR東海

東海道本線(名古屋~米原)、高山本線太多線関西本線(名古屋~河原田)、紀勢本線名松線参宮線

 

JR西日本

東海道本線(米原~神戸)、山陰本線(京都~福知山,和田山~下関,長門市~仙崎)、関西本線(亀山~加茂)、紀勢本線(新宮~紀伊勝浦)、山陽本線(神戸~岡山)、瀬戸大橋線伯備線(清音~総社)、美祢線九頭竜線七尾線城端線氷見線高山本線大糸線姫新線舞鶴線播但線津山線、桃太郎線、芸備線福塩線(福山~神辺、府中~三次)、因美線、境線、木次線岩徳線山口線

 

JR四国

予讃線(高松~多度津,松山~宇和島,向井原~内子,新谷~伊予大洲)、高徳線土讃線瀬戸大橋線内子線予土線鳴門線徳島線牟岐線

多度津~松山を除く全線)

 

JR九州

鹿児島本線(博多~久留米,新八代~八代,川内~隈之城)、長崎本線(諫早~長崎,喜々津~長与~浦上)、筑肥線(伊万里~山本)、佐世保線(佐世保早岐)、日豊本線(別府~大分,高鍋鹿児島中央)、三角線肥薩線指宿枕崎線唐津線大村線久大本線豊肥本線日田彦山線日南線吉都線筑豊本線(桂川~原田)、後藤寺線

 

愛称と正式名称が混ざっていたり、正式な路線境界と運用上の境界が曖昧になっていたりするのは...気にしないでください。

気動車だけで乗り継げる最長片道切符

定期運用で気動車だけで乗り継げる最長片道切符のルートを考えてみました。路線自体の電化、非電化は問いません。電車のみが走る電化区間はもちろん、蓄電池式電車のみが走る非電化区間も除外してあります。災害による長期不通区間も除外です。ちなみに、JRと広範囲にわたって通過連絡運輸のある他社線は含めております。

松山(予讃線,愛ある伊予灘線経由)北宇和島(予土線)若井(土佐くろしお鉄道)窪川(土讃線)佃(徳島線)佐古(高徳線)高松(瀬戸大橋線)岡山(津山線)津山(姫新線)新見(芸備線)備後落合(木次線)宍道(山陰本線)和田山(播但線)姫路(山陽本線)神戸(東海道本線)岐阜(高山本線)富山

合計1607.5km

伊勢鉄道や京都丹後鉄道、智頭急行の連絡運輸も検討しましたが土佐くろしお鉄道経由が最長のようです。

ルートを考える際ですが、とりあえずJR6社で分けてみました。青函トンネル関門トンネルをまたぐJR北海道、九州が分かれるのは当然ですが、JR東日本も他社境界付近で気動車の運行がなかったので分けて考えることができました。

ちなみにJR北海道気動車最長片道切符は以下のルートです。

留萌(留萌本線)深川(函館本線)旭川(富良野線)富良野(根室本線)滝川(函館本線)長万部(室蘭本線)沼ノ端(千歳線)南千歳(石勝線)新得(根室本線)東釧路(釧網本線)網走(石北本線)新旭川(宗谷本線)稚内

合計1572.9km

これが全国含めても最長になるかと思っていましたが、わずかに松山~富山が上回りました。JR北海道はほぼ全線で気動車が運行されているため、JR北海道自体の最長片道切符もこのルートになると思われます。

JR東日本気動車最長片道切符は以下のルートです。

会津川口(只見線)会津若松(磐越西線)新津(信越本線)新潟(白新線)新発田(羽越本線)余目(陸羽西線)新庄(陸羽東線)小牛田(東北本線)松島(仙石東北ライン)石巻(石巻線)前谷地(気仙沼線)柳津

合計556.3km

実際には松島ではなく塩釜乗換になりますが、塩釜~松島の往復分は距離に含めていません。

JR九州気動車最長片道切符は以下のルートです。

桂川(筑豊本線)原田(鹿児島本線)久留米(久大本線)大分(豊肥本線)熊本(鹿児島本線)宇土(三角線)三角

合計362.8km

枕崎~志布志(鹿児島、吉松、都城南宮崎経由)も候補に挙がりましたが354.2kmと届かず、上記ルートが最長になりました。


〈3.26追記〉

原田駅には気動車(久大本線直通特急)が止まらないので筑豊本線と乗り継ぎができず、博多(鹿児島本線)久留米(久大本線)...が九州最長となります。361.7kmです。

大阪中心部からの距離別 終電ランキング ⑤50km編

大阪市中心部のターミナル駅から放射状に延びる各線の最終電車の時間を、都心駅~郊外駅の距離別にランキング化してみました。今回は50km編です。ルールは以下の通りです。
・都心側の発駅は御堂筋線(梅田~天王寺)と接続するターミナル駅とした。近鉄大阪線は直接接続しないが、主要路線なので例外的に対象に加える。大阪難波を発駅として奈良線から乗り換えることにした。
御堂筋線と複数の接続駅を持つ路線(JR京都線南海線など)は、一番乗降客数の多い接続駅を発駅とした。
・郊外側の着駅は、発駅から50km以上離れた駅とした。なるべく都心よりの駅をを選んだが、速達列車を終電としている路線があったため停車駅の兼ね合いで郊外よりの駅になることもあった。
・対象路線は各ターミナル駅から放射状に延びる鉄道のうち、都心駅から50km以上の距離を持つものとした。一部路線(阪神電車など)は直通先を含む。支線は含まない。
・2021年8月23日時点での平日ダイヤを参考にした。

f:id:TER_lab:20210903155940p:plain

1位はJR神戸線でした。2位と大きく差をつけていることから、日本一遅い終電の名残が残っているといえるでしょう。ちなみに東京の50km編で1位となったのも東海道線で、同じく0:04品川発が最終です。

10km~40km編でずっと仲良く(?)並んでいたJR京都線阪急京都線ですが、50km編では阪急が抜けて代わりに京阪がJRと並びました。まあ大津と神宮丸太町では県も違いますしあまり並んでいる感はありませんが。

これで大阪編の終電ランキングも終わりです。関西ではある駅を境に30分くらい終電の時間が変わることが多い(あまり刻まない)気がしましたが気のせいですかね?あとやはりJRと阪急の京都線が同時に同方面の終電を出しているのが気になりました。

大阪中心部からの距離別 終電ランキング ④40km編

大阪市中心部のターミナル駅から放射状に延びる各線の最終電車の時間を、都心駅~郊外駅の距離別にランキング化してみました。今回は40km編です。ルールは以下の通りです。
・都心側の発駅は御堂筋線(梅田~天王寺)と接続するターミナル駅とした。近鉄大阪線は直接接続しないが、主要路線なので例外的に対象に加える。大阪難波を発駅として奈良線から乗り換えることにした。
御堂筋線と複数の接続駅を持つ路線(JR京都線南海線など)は、一番乗降客数の多い接続駅を発駅とした。
・郊外側の着駅は、発駅から40km以上離れた駅とした。なるべく都心よりの駅をを選んだが、速達列車を終電としている路線があったため停車駅の兼ね合いで郊外よりの駅になることもあった。
・対象路線は各ターミナル駅から放射状に延びる鉄道のうち、都心駅から40km以上の距離を持つものとした。一部路線(JR東西線学研都市線など)は直通先を含む。支線は含まない。
・2021年8月23日時点での平日ダイヤを参考にした。

f:id:TER_lab:20210903153958p:plain

1位はJR神戸線でした。少し前まで日本一遅い終電として有名でしたが、今でもやはり終電が遅いようです。尼崎まで同じ列車を使うJR宝塚線も同率1位となりました。同じ神戸方面の路線でも阪神電車神戸高速線に入ると一気に終電が早まり、元町までの終電が大阪梅田0:00発なのに対して西元町~山陽須磨の各駅へは23:20発となります。

この辺りの距離になってくると早い路線と遅い路線の差が大きくなってきますね。近距離でさえ終電の早い学研都市線松井山手を境に40分、さらに京田辺を境に20分早まるので40kmを超える下狛へは22:46発が最終となります。

大阪中心部からの距離別 終電ランキング ③30km編

大阪市中心部のターミナル駅から放射状に延びる各線の最終電車の時間を、都心駅~郊外駅の距離別にランキング化してみました。今回は30km編です。ルールは以下の通りです。
・都心側の発駅は御堂筋線(梅田~天王寺)と接続するターミナル駅とした。近鉄大阪線は直接接続しないが、主要路線なので例外的に対象に加える。大阪難波を発駅として奈良線から乗り換えることにした。
御堂筋線と複数の接続駅を持つ路線(JR京都線南海線など)は、一番乗降客数の多い接続駅を発駅とした。
・郊外側の着駅は、発駅から30km以上離れた駅とした。なるべく都心よりの駅をを選んだが、速達列車を終電としている路線があったため停車駅の兼ね合いで郊外よりの駅になることもあった。
・対象路線は各ターミナル駅から放射状に延びる鉄道のうち、都心駅から30km以上の距離を持つものとした。一部路線(JR東西線学研都市線など)は直通先を含む。支線は含まない。
・2021年8月23日時点での平日ダイヤを参考にした。

f:id:TER_lab:20210902132630p:plain

1位は南海本線でした。堺~羽倉崎の各駅は全て最終が難波0:08発なので、11位(10km)→6位(20km)→1位(30km)と浮上していきました。同じ南海でも高野線はかなり下の方になりました。三日市町までなら難波0:10発で間に合うのですが、30kmを超えるのは次の美加の台なので一気に40分最終が早くなります。ちなみに南海本線も羽倉崎を過ぎると一気に最終が早くなります。もう少し区切った方が終電に人が集中せずに済むと思うのですが、南海はそこらへん気にしないのでしょうかね。

2位はJR神戸線JR宝塚線京阪本線が並びました。神戸線宝塚線は尼崎まで同じ電車なので並ぶのは当然ですが...。

30kmというとちょうど大阪~三宮の距離に相当しますが、阪急・阪神が仲良く0:00に神戸三宮行の最終を出す一方でJRが0:04発と一歩リードしている状況です。JR・阪急の京都線も0:00に最終が出ます。やはりこの2線は示し合わせているのでしょうか...??とにかく0:00発の路線が多いランキングとなりました。

大阪中心部からの距離別 終電ランキング ②20km編

大阪市中心部のターミナル駅から放射状に延びる各線の最終電車の時間を、都心駅~郊外駅の距離別にランキング化してみました。今回は20km編です。ルールは以下の通りです。
・都心側の発駅は御堂筋線(梅田~天王寺)と接続するターミナル駅とした。近鉄大阪線は直接接続しないが、主要路線なので例外的に対象に加える。大阪難波を発駅として奈良線から乗り換えることにした。
御堂筋線と複数の接続駅を持つ路線(JR京都線南海線など)は、一番乗降客数の多い接続駅を発駅とした。
・郊外側の着駅は、発駅から20km以上離れた駅とした。なるべく都心よりの駅をを選んだが、速達列車を終電としている路線があったため停車駅の兼ね合いで郊外よりの駅になることもあった。
・対象路線は各ターミナル駅から放射状に延びる鉄道のうち、都心駅から20km以上の距離を持つものとした。一部路線(地下鉄中央線など)は直通先を含む。支線は含まない。
・2021年8月23日時点での平日ダイヤを参考にした。

f:id:TER_lab:20210902130416p:plain

1位は大和路線でした。10km編でも1位でしたが、御堂筋線は路線が短く、阪和線の最終は鳳止まりなので単独1位になりました。この2線が抜けたことで、阪神本線が4位から2位に浮上しました。3位はJR京都線阪急京都線・南海高野線が並びました。JRと阪急はまるで示し合わせたかのように同じ時刻に高槻(市)行の最終が出ています。

最下位は近鉄南大阪線。古市までなら大阪阿部野橋0:02発で間に合うのですが、ギリギリ20kmに足りません。南大阪線と長野線が分岐する古市駅の時刻表を見ると、長野線は0:19まで電車があるものの南大阪線は23:57に終わってしまいます。これに乗るためには大阪阿部野橋を23:36に出ないといけないので、このような結果になりました。